診断を受けている男性

多く見られる

作業服の男性

昔から日本人はがん患者が多くいましたが、現在ではがんの中でも胃がんになる人も増えてきています。
最近胃がん患者は減ってきていますが、それでもがんの中では多いため人間は日頃から気をつけなければならないのです。
この胃がんは女性よりも男性の発症が多く、これまでの統計で見ると50代や60代などの高齢者に多いとされています。

胃がん患者が近年減少傾向にある理由としては、毎年の健康診断や人間ドッグなどの定期診断を受けている人が多いことが挙げられています。
定期健診を行うことでがんを初期状態で発見することができ、がんの進行を未然に防ぐことができるのです。

胃がんの治療には抗がん剤やレーザー治療、食生活の改善などがありますが、治療方法はがんの進行度合いによっても異なります。
治療をするには早期発見が望ましいですが、素人では初期症状があっても分からないことが多いため、定期的に診断を受けることをお勧めします。

お茶を飲む老夫婦

胃の切除をする

胃がんの治療として胃の切除をする手術方法がありますが、この方法を行うことでがんの摘出をすることができます。
がんが増殖して胃全体に広がっていれば胃も全て切除しなければなりませんが、小さい範囲ならその部分だけの切除で良いのです。

Read more

工事現場の鉄筋

不規則な食生活

毎日不規則な食生活をしていると身体にも悪く、次第に血液循環も悪くなってしまいます。
また食べ物は胃で消化されるため、毎日の不規則な食事は胃に大きな負担となるのです。

Read more

一戸建ての正面

代表的な対策法

胃がんの最も代表的な治療とされているのが抗がん剤治療で、それ以上のがん増殖を抑えることができます。
がんの増殖を抑えることで転移の可能性も少なくなり、胃がん改善に向けて治療を進めることができるのです。

Read more

かわいい一戸建て

ストレス社会の日本

現代はストレス社会とも言われており、多くの人が日常生活でストレスを抱えて生活をしています。
ストレスは胃がんの原因ともなりますので、ストレスが多いほど胃がんのリスクを高めてしまうのです。

Read more